FC2ブログ
2013 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

【動画】柱でガットパンチング

 【31//2013】



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】背後から腹筋ゴリゴリ

 【31//2013】




Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】床に押さえつけ腹責め

 【31//2013】




Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】コーナーでシックスパック連打

 【30//2013】




Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第40話 刑事 2

 【30//2013】

信太郎 (し…しまったぁ!!)


業腹は信太郎の肩をがしっと掴んでいる。そして男は銃を握っている信太郎の手首に強烈な手刀を入れる。


信太郎 「ぐわぁああ」


衝撃で拳銃は信太郎の足元に激しく落ちる。


業腹は掴んでいる信太郎の肩をグルっと回し向かい合わせにすると、信太郎のボディに一発いれた。


ドボー!!!


信太郎 「うご…」


一瞬前のめりになる信太郎はそこで踏みとどまり、今度は逆に業腹の顎に掌底をかます。顎をあげ後ずさる業腹のメタボリックぎみの腹に次はお返しのボディを連打する。


業腹 「うがああ   うぼ  うぼ うぼ ぉぼおおおおお」


緩んだ腹に信太郎の拳がやすやすとめり込み、腹をたゆませ嗚咽しまくる業腹。


信太郎 「さっきのボディ…ぜんぜん効いてねえぜ、お前男を暴行するのが趣味なんだってな、変態野郎が!ここで年貢の納め時だ!ぜ!!」


と言葉を強め、前のめりの業腹の後頭部に回し蹴りを入れる。


業腹 「おごおおおおおお いってえええええええ!!」


業腹は頭を押さえながら土下座をするような姿勢になり地面に頭を付ける。


信太郎 「オレはお前が今まで襲った被害者たちとは違う、オレはお前みたいなクソ野郎を捕まえるため、毎日鍛えてんだ、体だけでなく、格闘もな!」


これ以上業腹に抵抗の意思がないと察した信太郎は上着から手錠を取り出し、うつぶせの業腹の腕を掴みあげた。


そのとき


カチャ と金属音が鳴る。音がした方向へ信太郎が目を向けると、業腹がもう片方の腕で信太郎の拳銃を持ち、その銃口を信太郎に向けていた。


信太郎 「そ…それは…」


業腹 「離れろ」


言われるままに男の腕を離し両手をあげ後ずさる信太郎。


信太郎 「きさま」


業腹 「さすが刑事くん、今までのやつとは違う、オレをこんな目に遭わせたのはお前が初めてだ…でもこれで状況は変わった、今度は俺が楽しむ番だ、だろ?」


新太郎は生唾を飲む。


業腹 「銃を持っていてもお前に近づくのは危険だ、いつその格闘術で銃を奪い返されるか分からないからな…だから…コレだ…」


ビリビリビリビリビリ


信太郎 「ぐわあああああああああああああ」


男は懐に隠し持っていたワイヤーが発射される飛び道具型のスタン銃を信太郎の胸に撃った。


そして信太郎はすぐさま失神した。






30分後…


信太郎 「ごっほごっほ がはあ」


何かの薬品の匂いを嗅がされ目覚めた信太郎はベッドの上に寝かされていた。頭には大きなクッションがあり少し上体を上げる程度に。そして両腕は信太郎自身の手錠がはめられ、頭の後ろのベッドの金属部に繋がれていた。上着は脱がされワイシャツだけになっている。


ガシャガシャ


信太郎 「離せ!! ここには時期に応援がくる! お前は逃げられない!!」


業腹 「さあ?どうかな?」


両腕を上げ信太郎は無防備に男に体を晒している。


業腹 「お前が他の連中とは違うところをその体で証明してみろ」


そう言って、男は拳骨を作り、信太郎の腹を殴りつけた。


ドヴォオオオ!!!


信太郎 「ぼっごおおお」


ワイシャツのボタンがいくつかはじけ飛ぶ。


ズヴォオオオオ!!!


信太郎 「げっほおおおおお」


さらにボタンが弾け、ワイシャツは拳の圧迫でくしゃくしゃによじれる。


業腹 「じれってえ…」


そう言うと業腹は信太郎の薄いブルーのワイシャツを引きちぎった。


そこにはボッコボッコに盛り上がった薄褐色の逞しい八つ割れの見事な腹筋が現れた。信太郎の体は汗にまみれ、その凹凸を際立たせている。


業腹 「すげえいいぜ お前の腹…盛大に潰してやるよ…」


そして業腹は手を信太郎の腹筋に滑らせそのボッコボコの感触を楽しむ。そして


ズドッヴォオオオオ!!!!


信太郎 「ぐっヴぉおおおおおお は はあ」


上体をできる限り起こし目を見開き唾液をまき散らす信太郎。信太郎の腹筋中央は業腹の図太い拳骨を埋め、ずぶりと陥没している。


男がその拳を埋め込んだまま、上から体重をかけ、ぐぶぐぶとさらにめり込ませようとする。信太郎のゴリゴリとした腹の筋肉がその拳を妨害するが、時間の経過とともに、その腹筋もグリ、グリ、と破られ、男の拳を先に進ませる。


信太郎 「はうっ… ぁ… こっぽ… う ぼ… ぁ… げ  ぼおおお」


信太郎の胃液はみるみる絞りだされ、口から滝のように流れ出る。


業腹 「刑事くん さっきまでの威勢はどうした!? もっと耐えて見せろ!お前のそのボコボコの腹は見せかけか…」


信太郎 「げ…ぼおおおおおおお… も…う…や…め…て…く……r」


業腹 「あん?気持ち良いからもっと俺の拳を味わいたい…だと? 良い根性だ…だったらご褒美だ…今度はお前の八つに割れた腹筋の凹凸、すべてに俺の拳をプレゼントしてやる…」


信太郎 「ち…違」


そして業腹は片手で信太郎の口を塞ぐと、地獄のエイトパック潰しを始めた。


業腹 「 1 」


ドヴメリ!!


信太郎 (んっぼおおおお)


業腹 「 2 」


ズドオヴ!!


信太郎 (んごぼおおおお)


業腹 「 3 」


ズブウウウムズム!!


信太郎 (んがっぼおおおお)


業腹 「 4 」


ドッブウウウウウ!!


信太郎 (んんんんんん  ぼおお)


業腹 「 5 6 」


ドブウウ!!   ズムウウ!!!


信太郎 (こっふううう  こっぽこぽ)


業腹 「 7    8 」


グズヴウウウ!!!!   ドッボオオンンン!!!!


信太郎 (こっぽこっぽ  んげヴぉおおおおおおおお)


業腹が信太郎の腹から手を抜き、口を塞いでいた手を離すと、信太郎は力なく、首を横に垂らし、唾液の糸を何本も頬に垂らした。逞しい薄褐色の筋肉は痙攣を起こし、呼吸にともないわずかに伸縮している。


信太郎 (武田さん…す…すんません…)





業腹 「    9    」



ドォブ!



信太郎 「  か    ほ     おえ 」



「9」と言葉を発し放たれた業腹の手刀が深々と信太郎の鳩尾にめり込んでいた。






30分後…


武田 「上杉! 上杉! しっかりしろ!!」


ようやく地下にたどり着いた武田がボロボロになりベッドにくくり付けられた上杉を発見した。


しかしそこには業腹の姿はなかった。


信太郎 「た…けだ…さ     …す…すんま…せん…した… げほおお」


武田 「上杉!いいからしゃべるんじゃない!」


上杉信太郎は病院に運ばれた。


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第39話 刑事 1

 【30//2013】

ベテラン刑事の武田信玄夫(たけだしげお)と20代前半の新米刑事、上杉信太郎はとある連続暴漢魔の捜査を続けており、ついにその二人組の犯人のアジトを突き止めた。


アジトと言っても林に囲まれた一見ただのアパート。そこに住む犯人の男がアパートの管理をしており、空き部屋は男が自由に使っており、入居者は少ない。


二人組の犯人の名は、主犯・業腹拳(ごうばら・けん) 共犯・西熊児(にし・くまじ)


武田 「業腹ぁ!中にいるのは分かってる!大人しく出てこい!」


武田は業腹の部屋の扉の前で呼びかけた。


信太郎 「留守…すかね?」


武田 「やつは中にいる、上杉、気を抜くんじゃねえ」


するとガタゴトと中から人の気配が現れ、扉に近づいてくる。息を飲む信太郎。


ドタン!!!!


突然勢い良く扉が開き、中から大柄の男が飛び出してきた。業腹だ。


武田 「うお!」


扉に衝突し転倒するベテラン刑事・武田。


武田 「待て!! 逃げるんじゃねええ!!」


業腹は一目散に林の中に突っ走る。


バキューーン!!!


武田 「おい!むやみに銃を撃つな!」


信太郎 「す、すんません、し、しかし」


武田 「早く追え! 追い詰めたら後で連絡しろ」


それを聞いて慌てて信太郎は業腹を追った。





一人きりになった武田。とりあえず業腹宅を調べてみる。中に入って驚いた。業腹はちょうど男を拉致し自宅で暴行を加えている最中だったのだ。


部屋の中央に置かれたソファー、その上にボーダーのポロシャツをめくりあげられ腹をむき出しにしてぐったりと横たわっている青年の姿があった。ボコボコと逞しい腹筋を持った男でその腹には痛々しい痣が目立つ。ネームプレートには「半原タケト」と書いてあった。


武田 「…おい! 大丈夫か!?」 (配達員か?自宅に来た配達員を拉致して…)


タケト 「うご…うぐ…ぅぅ…ぁ…ぁ…ぁぅ…」


武田は無意識に痛めつけられた青年配達員の腹をさすってやっていた。







一方、業腹を追跡している信太郎は、若い脚力で業腹に追いつかんばかりに業腹を追い詰めていた。


このままでは追いつかれると察知した業腹は林を抜けた場所にある廃病院へ逃げ込んだ。地元では有名な廃病院だが、神隠しや、本当に幽霊が出るという噂があり、且つ人気のない坂を上った林の中にあるため、たまに若者グループが肝試しに来る以外、滅多に人はこない。


プルルルルルルルルル


信太郎 「武田さん、上杉っす、業腹、追い詰めました。例の廃病院の中に逃げ込みました。病院の裏は崖山なんで業腹はもう袋のネズミっす、応援を呼びますか?」


武田 「応援は…いい、俺たちだけでやつをしょっぴく。いいか上杉、俺が付くまで無茶なことは絶対すんな、いいか、分かったな」


武田は目の前のボロボロの青年を観ながら上杉に忠告をし電話を切った。


信太郎 (やつは中に入って間もない…やつに時間を与えてはダメだ、それにオレにはコレ(拳銃)がある、武田さん早く来てください、オレは先に中に入ってます…)


そして信太郎は武田の忠告をあっさり無視し、夕暮れときの薄暗い廃病院へ入っていった。






病院は外壁も内壁もスプレー缶の落書きだらけだった。窓ガラスはそのほぼ殆どが割られ、足元には細かい破片が散乱し、歩くたびにジャラジャラ音を出す。


消火器、ベッド、車いす、注射器、以前あったものはそのまま放置され、肝試しグループに荒らされたのか、それぞれが滅茶苦茶に散乱している。


ただ院内は静まり返っており、信太郎が歩くたびになるガラス片の音のみが響いた。


信太郎 「こ ・ ・ ・ ・ 怖ええ オレ、こうゆうのダメだぁ…」


信太郎は銃を構えながら慎重に歩く。


信太郎 (業腹の気配がしねえ…どこに隠れたんだ…?)


すると突然鉄パイプが転がるような音が院内に響いた。


信太郎 「オレじゃねえ…やつだ」


音のした方向、そこは地下へと続く階段、そこは光が届かず、先の見通せない闇となっていた。


信太郎 「こ…ここ? い…いきたくねえ…やっぱ武田さん待とうかな…」


ここまで来て後戻りはできない、信太郎は階段を一段一段降りて行った。







階段を降り切るとまた通路が現れ、通路の奥を見ると、闇の奥に以外にもポツンと明るい場所があった。


信太郎 「ひ…光、あそこだけ電気がきてんのか?」


信太郎は用心しながら恐る恐るその光の方へ進む。


灯りのある空間にたどり着くと、そこには他の病室からかき集められたと思われる、ベッドや、拘束具、一見拷問具とにも似ている医療器具などが整然と配置されていた。そして信太郎が灯りの正体に目を向けるとそこには外から持ち運んだと思われる発電機に繋がれた照明があった。


信太郎 「ま、まさか、やつはここで…!?」


業腹 「つ~か ま~えた~」


いつの間にか信太郎の背後に忍び寄っていた業腹は信太郎の肩をがしっと掴み不気味な声を発した。


信太郎 (びくっ    し…しまった…)




つづく


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】腹連打

 【30//2013】



Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】サンドバッグを腹に落とす!

 【30//2013】



Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】覆面、巨体が若いのを腹責め

 【30//2013】



Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第38話 拳闘部と柔道部

 【29//2013】

南渡河高校(なんとかこうこう)ボクシング部 拳闘場


現在は弱小ボクシング部ではあるが、過去には盛況だった時期もあり、体育館脇に立派な拳闘場を保有している南高。


しかし廃れてからは久しく部員も少ないため拳闘場の整備はままならない状態で、今ではボロボロのリングとサンドバッグ2本とトレーニング用具が少しあるだけ。そして場内の3分の1は他の部活動の物置となっている。


そんなカビ臭い空間で2人の部員がトレーニングに励んでいた。


松田コウマ(まつだこうま) と 佐藤充(さとうみつる)。


ドスウウ!  ドボオ!!  ボスウ!!


コウマ 「うふっ ぐふっ おふっ」


上半身裸で頭を抱え仰向けに寝ているコウマの腹に充はメディシンボールを力を込めぶつける。


ドヴォオ!!  ボム!!  ドム!!


コウマ 「うぶっ ぐぶっ おぶっ   げ   ほ  」


充 「まだまだまだあ!! そんな腹じゃ、本田の陰湿な腹責めには勝てねえ!! もっと鍛えっぞお!!」


そう充は喝を飛ばし、コウマの腹にボールを差し込み続ける。





キィイイイイイイイ~~~ ガッチャン!!



そこへ油の足りていない錆びついた拳闘場の入り口扉の開閉する音が響いた。


大島 「よお 松田、佐藤、調子はどうだぁ? まだここ潰れてなかったんだな?」


柔道部の大島優吾が取り巻きを引き連れ入ってきた。


充 「大島ぁ! なんだ、なんの用事だ! 入ってくんな!」


大島 「お前、言葉の使い方には気を付けろよ? 俺たちは今むしゃくしゃしてるんだ」


そう言って大島はコウマの横で膝をついている充のもとへガツガツ近づいた。そして両手でメディシンボールを持っている無防備な充に目を合わせると、充の頭に回し蹴りをかました。


ガゴッ


充 「ごほっ」


壁まで吹っ飛ぶ充、壁に接触したところですかさず取り巻きたちが充の両腕、両足を捕まえ、壁に貼り付けにする。


充 「は! 離せ!!」


暴れようとする充に大島は近づき、壁を背にし両足両腕を掴まれ、無防備にかざされている充の腹を大島は殴る。殴る。殴る。


ドズヴォオオ!! ドヴドヴウウ!! ズブズボオ!!


大島の腕にはメリケンサックが嵌められていて、その衝撃は、充の制服のワイシャツの上からでも彼のボクシングで鍛えた腹筋がべっこりと凹んでいるのが殴る度に大島に伝わるほどだった。


充 「ごぼおお ごぶうう げぼおお ごっほ ごっほ げっほ かっは」


両手両足を解放されると、充は何度も同じところを殴られた腹の一か所を両手でかばい、まず膝をつき、そして胸を打ちつけるように前のめりにたおれた。


充 「かっほ」


拳闘場の床に充の唾液が流れる。




大島 「さ て と 次はてめえだ」


大島は仰向けに寝ているコウマを見た。充が大島に蹴られ壁際で腹をボコボコにされるまでおよそ、1分30秒。あっという間の出来事で、メディシンボールのトレーニングでダメージが蓄積しているコウマは起き上がることもできなかった。しかも大島の金魚のフンの一人、前田敦斗(まえだあつと)がコウマの肩を押さえ込んでいる。


大島 「このボールで腹を鍛えてる途中だったな…邪魔して悪かったな俺が手伝ってやるよ…」


コウマ 「大島!妹尾と姉崎への制裁は許されても、オレたちにこんなことをしてただで済むと思うなよ!」


大島に腹筋鍛錬が手伝うと聞いて一瞬、こわばったコウマ、しかしひるむことなく反抗する。


大島 「俺たちは弱小ボクシング部に協力しているだけだ…じゃあいくぞ、腹に力入れとけよ」


ドブウウウウ!!!!!


コウマ 「ごふうう!!!!!!!!」


大島はトレーニングとは名ばかりの相手のボディの強度を度外視した強烈な一撃とコウマの腹に加えた。堅い黒いボールがコウマの堅いはずの腹筋に食い込む。


ドズウウウウウ!!


コウマ 「ごっほ!ごええええ」


コウマは胃液をまき散らし、足をバタつかせ悶絶する。腹をよじり、そこから脱出しようとするがすぐに次の強打が襲いくる。


ドボムウウウウウ!!!


コウマ 「こっぽ…うぶうううううう」


大島 「篠田!まだまだこいつのボディは鍛え足りねえらしい…そこにあるゴミのなかからもっと鍛錬に相応しいものを持って来い!」


そう言われた金魚のフンの一人篠田は適当なブツをいくつか大島のもとへ運んできた。


大島 「よし、なかなかいいのがあった、まずはコレからだ…」



ラグビーボール



大島 「松田、さっきよりもっと腹に力入れとけよ、てかもう腹に力なんてはいんねえか」


大島はコウマの頬をパシパシと軽く叩き、ボコボコの腹筋をさすり、コウマの腹の強度を確かめる。


コウマ 「ざ…けん…な て…めえら」


ヅヴン!!!!!!!!


コウマ 「   ごっ!    ごっぼおおおおおおおおおおおぅぅぅぅ」


ラグビーボールの尖りの部分が大島の強打により、コウマの鳩尾に深々めり込んだ。コウマの口からは四方に唾液が流れる。


大島 「今度はコレだ いくぞ」



竹刀



ドヅ!ドボ!ドム!メリ!ドゥヴ!ドォヴォ!ズブ!ズブ!ズブ!ズブ!……


コウマ 「こほ がは げほ うぐ おご げぼ うえ かっは ごっぼ…」


大島が力を込め放つ竹刀の先端が、コウマの腹の、鳩尾、エイトパックの一つ一つのパック、腹筋の溝、脇腹、臍、いたるところへぶっささり、串刺しになるコウマ。竹刀がぶっささるたびコウマの体はビクビクと踊り狂う。


コウマ (こ…殺される…  き…気絶し…てえ)


コウマの腹筋はいたるところが痙攣している。コウマの肩から腕を押さえこんでいた前田がその手を放すとコウマは右腕を額にあてがい、左腕を腹に添え、回復を図った。


大島 「次はもっとヘヴィなものがいい、なんかあるか?」


そう言われて篠田が持ってきたもの…



初代校長の実物大ブロンズ像(胸から上)



大島 「そりゃあ良い よしお前ら そのジジイの石頭、こいつの腹にくれてやれ」


大島がコウマが腹に添えている腕を蹴り上げるとその手はいとも簡単に弾かれ、コウマの腹はまたまた無防備に晒される。


ボスの命令に従いブロンズ像を逆さに持ち上げる、前田、篠田、小嶋、高橋。


前田、篠田、小嶋、高橋 「せえーのっ!!」


4人は合図とともに、ブロンズ像の頭部をコウマの腹筋の鳩尾の少ししたの一番ボコボコ感が目立つところへめり込ませた。




ドォゥッヴゥゥゥウウ!!!!




コウマ 「ごっっっっっふうううううぅぅぅぅっぅ」



校長の頭を両手で抱え、体をくの字に折り曲げ、口を膨らませ唾液を吐くコウマ。校長の頭は、コウマのボコボコの筋肉にねじり込まれている…。


「もういっちょー!」


掛け声で校長の頭は再び宙に浮き、コウマは身をよじって腹を抱える が 大島がそれを阻止し、腹を抱えるコウマの腕を弾いては腹を無防備にさせ、腹筋の弾力をグリグリと乱暴に確かめる。


その工程が終わると再びブロンズ像がコウマに腹に下される。



ドォゥッヴゥゥゥウウ!!!!


コウマ 「うっっっっううううううげええヴぉお」


まるで餅つきの要領。


何度か目の腹責めで取り巻きたちのスタミナが切れ、校長の頭はコウマの腹に埋め込まれたまま拷問は一度止んだ。


コウマ 「こぽ こぷ こっぷ」


コウマの口から流れる唾液の量は増量している。


大島 「てめえら 情けねえなあ これからは俺一人でやる」


そう言って大島はブロンズ像を掴むと、ブロンズ像に体重をかけ、不規則に回転させたり上下に動かした。


コウマ 「こっぽ ごほっ おぼ がは う  ぅ  ぅ  ぁ  ぁ」


校長の頭はドリルのようにコウマの腹へグリグリと埋まる。コウマの腕は脇にだらんと投げ出され、もうなんの力も残っていない。ただなすがままに腹をいたぶられるだけ。




そして鬱憤を晴らした大島と取り巻きたちは拳闘場から消えていった。(完)


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第37話 サッカー部

 【29//2013】

南渡河高校(なんとかこうこう) 放課後


サッカー部員たちが何やらふざけ合っている。


五十嵐伍(いがらしあつむ) 「修斗の腹筋すげえー! サッカーやってるだけでそんなにボコボコに腹割れんのかよぉ!」


坂守修斗(さかもりしゅうと) 「ま、まあな 日頃の筋トレの成果だ」


ユニフォームを胸までめくりあげ自慢の腹筋を誇示する修斗。


伍 「ちょ…ちょっとだけ 殴っていい?」


修斗 「…… ちょっとだけだぞ、軽く殴れよ オレはボクサーじゃないんだからな」


伍 「お…おう  じゃ…いくぞ」


そう言って伍は拳を握り修斗の腹筋の真ん中をド突いた。


ボス!!


修斗 「うふっ いてえ」


と言って修斗はめくり上げたユニフォームを下げ腹を隠してしまった。


伍 「わりい 修斗… もういっぺんだけ な! おねがい!」


そう言われ修斗は渋々ユニフォームを再び腹が露出するように胸までめくり上げ伍の次なるパンチに準備した。


伍は今度は修斗の鳩尾あたりに拳を一度軽くあて、標準を絞りこんで腕を思い切り引いた。


修斗 「お…おい 伍!ミゾは…」



ドッブウウウウ!!!



修斗 「ぐっぶううう! ごほ ごほ うえ」


伍の放った拳が修斗の鳩尾にボディアッパーのようにめり込んだ。


つま先立ちの状態の修斗は伍の拳が引き抜かれるとドサっと膝を付き腹を抱えた。


修斗 「おっめえ げほ ミゾはやめろっつったろ ごぼう」


伍は苦痛に悶える修斗に対しかなり喜んでいる。


伍 「すまんすまん いやー良い感触だったぜ なかなかボコボコの腹筋殴れる機会なんてないからな…すまん調子に乗った。許せ」


修斗 「かは はあ はあ もうお前にはぜってえ殴らせねえ…」


伍 「わりいって しかしお前の腹筋はすげえ、まさに洗濯板腹筋だ! かわりに自販でジュースおごってやるから な 許せ」


そう言って五十嵐伍は修斗の前からいなくなった。


修斗 「いってえ… まだミゾあたりがうずいてやがる…」




そこへ別の男がやってきた。


男 「見てたぜ 坂守、お前体なかなか鍛えてんな」


新任教師の鬼瓦英作(おにがわらえいさく)。自分のことをグレート・ティーチャー・鬼瓦と呼んでいるイカレタ金髪教師だ。


修斗 「鬼…瓦先生… すんません…練習終わったんでこれから帰るところっす」


鬼瓦 「洗濯板腹筋…   俺にも殴らせてくれよ」


修斗 (はあ!?) 「冗談っすよね?」 (オレは不良じゃねえつーの)


修斗がきびすを返し校舎のほうへ向かおうとすると突然鬼瓦が修斗の首根っこを掴み羽交い絞めにした。


修斗 「げほげほ くる…しい…」


抵抗する修斗を強引に締め上げ校舎裏へと連れて行く鬼瓦。


鬼瓦 「よし ここで良い いくぜ!」


鬼瓦は修斗の腹筋が露出するようユニフォームを修斗の首後ろに引っ掛ける。


そして校舎裏の壁にもたれ掛り両手を開け放ち腹を無防備に晒している修斗のボディに鬼瓦は拳を突入させた。


ドボス!!!


修斗 「ぐっほおおおぼえ」


唾液をまき散らし前かがみになる修斗の髪を掴み上げ鬼瓦は第二破を修斗のボディに入れる。


ゴスウウ!!!


第二破は修斗の防御態勢に入った両手に阻まれ拳は腹へ突入することはなかった。


鬼瓦 「てめえ」


そう言って鬼瓦は修斗の両腕をガッチリ掴みサイドへ押し込み、腹をまた無防備にさせると鋭利な膝を修斗の鳩尾に入れた。


ドヴォオオオ!!!


修斗 「うっぶううううう げぼ」


一人で立つことが辛くなった修斗の体は校舎の壁を背にずりずりと下がっていく…。修斗の体が鬼瓦の目線の遥か下方へ下がった頃、鬼瓦は今度は修斗のボディに足裏全体でストンピングを入れた。意味不明なセリフとともに。


鬼瓦 「言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン!!!」


ズブン!!!!


修斗 「かっほおお おご…が…」


衝撃で修斗の体はビクンと弾け、意識朦朧と涎を垂らし、足は地面に付き、肩は校舎の壁にもたれて寝ている状態になった。修斗にはもう腹をカバーする余力も残っていない。ただサッカーで鍛えたボコボコの腹筋をさらけ出すだけ。


そこへ地獄の腹制裁が開始された。


ドヴォオ





ドヴォオ





ドヴォオ


修斗 「かは くふう うぶ」


鬼瓦の腹筋のボコボコのパーツを狙った重いボディの連続。壁にもたれる修斗を抱えるようにずっしりと拳を抉り入れる。


呻き声にも力がない修斗。殴られるたびわずかに体を振動させる。


20発 30発 ボディが続き。弱り切った力のまったく入っていない修斗の腹筋に鬼瓦は最後の拳をずぶずぶと修斗の腹筋の奥へ奥へと拳を突入させていく…。


鬼瓦 「お前の洗濯板腹筋で俺の拳、洗濯してくれやぁ」




ぐぶぐぶぐぶ…


IMGgut10.gif


修斗 「がはああぁぁぁ  も…う…やめ… …くだ…さい   な…んで…こん…な」


話し始めた修斗、それを静止するように鬼瓦は先ほどより拳の押す力を増量し、修斗の腹をこれでもかと圧迫した。


ぐぶぶ!!


修斗 「げええええぼおおおおおおお…」 (ありえ…ねえ…)


修斗が自分の腹に入れられた鬼瓦の拳を見ると、それはすっかり修斗の腹筋の割れ目に埋め込まれ、完全に手首から先がなくなっていた。




鬼瓦の狂気が終わると、修斗はその場に残され、激しく呻き続けた。



鬼瓦はこの一件で学校をクビになった。(完)


Category: 腹責め小説/腹責め絵

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第36話 スイマー 2

 【28//2013】

とある閉館後のスポーツジムのプールのシャワー室。


腹を幾度とだるま腹の暴漢に潰され仰向けで失神寸前のスイマー体系の従業員青年ソースケ。


その暴漢にシャワーホースに片腕を縛られ、腹を殴り続けられている同じくスイマー体系の青年ユキヲ。


二人の友を暴漢に襲われ、勇気をだし、ユキヲを襲う暴漢の背後から拳を固め飛びつく青年イッキ。


ユキヲ 「ぁ…がは… よっ…しゃ、イッキ…たのむ…」


閉じかけた目で男の肩越しにイッキの突進を確認したユキヲに希望が生まれる。そして束の間の安心に筋肉の緊張を緩ませる。


しかし男には第六感があるのだろうか、背中に目がついているようで、再び急襲を避ける。巨漢に似合わず素早い動きでユキヲの背後の隙間に回りユキヲを羽交い絞める。ユキヲの腕に絡まるホースがピンと張る。


そして


ユキヲ 「おぐぼ…っ!!」


男がユキヲの腹をイッキの拳の前に晒したことでイッキの拳がユキヲの力の抜け切った腹に突き刺さった。


ユキヲ 「げえ…な…なん…で、イッキ…」


イッキ 「!? …すまんユキヲ!」


すかさず男はユキヲの腹に拳を刺している常態のイッキの腹に鋭く膝を入れる。


ドッムウウウウウ!!!


イッキ 「ご    ぼ」


胸筋下のボコボコに盛り上がった弾力のある腹筋に男の膝がどっぷりめり込み、唾液を垂らし目を見開くイッキ。


男 「そうだ…もっとこいつの腹をいたぶれ…」


そう言うと男はシャワーヘッドの代わりに今度はイッキの手首を握りしめ、それをユキヲの腹にめり込ませていく。


グリュ!!  メリィ!!  ドモォ!!


ユキヲ 「ごぶぅ うぶぅ うううう ぁ…ぅ…ぅ…イッキ…やめろ…」


イッキは男にマリオネットのように操られているだけだが意識が混乱しているユキヲはイッキに静止を求める。


イッキの腹は依然、男の膝の猛撃でずっぷり凹んだままで、男に成されるがままの状態。


男は今度はイッキをユキヲ同様シャワー室の壁に押し当て、二人を目の前に並ばせた。二人とも壁を背に腹へのダメージで、防御姿勢をとることもなく、男のほうを向き、壁にもたれている。


右拳  ドヴォヴォ!!


ユキヲ 「うっへ…」


左拳  ズンム!!!!


イッキ 「お    ぼ…げふ」


男はリズムよく両の拳を二人の青年の腹に叩き込む。それは青年の鳩尾、腹筋、下腹部と順序よく続く。


右拳 ズウゥゥゥブウゥゥゥ!!!


ユキヲ 「げえヴぉ… こほこほ こっほ…ぅぅ」


左拳 ドゥヴォウウウウゥゥゥ!!!


イッキ 「ううううううううううううううう」


両手が自由だったイッキは耐えかね自分の腹に埋まっている男の腕に抱き着きくの字になった。男はイッキの肩を抱くとグン!グン!と腹に埋まった拳をさらに奥に奥にめり込ませる。


イッキ 「おええ おええ…ぁ…ぁ」


めり込み地獄は止むことなく続き、イッキの体は壁にそってっずりずりと上へ上へあがる。グン!グン!グン!グン!ついにイッキの背は壁から離れた。


男はイッキの腹に拳を埋めたまま左拳を真上に上げた。イッキの体は腹に埋まった拳に支えられ、両手両足を地面に向かってダランと下げた状態になった。


イッキ 「 ぅ ぅ ぅ ぅ ぁ ぁ 」


男は拳をひねり、そして重力による圧迫も手伝い、イッキは胃液を絞り出す。目はすでに虚ろ。


イッキ (くっそ…)


ソースケ 「ぅぅぅ…ぅぅ… 」  (イッキ! ユキヲ!)


意識が戻りかけるソースケの目に友の悲惨な姿が目に入る。


男 「あんちゃん、目覚めたか…もうすぐ仕舞だ、寝てろ」


そして男はイッキを左拳に乗せたまま、足元にあるソースケの体の腹筋の一番ボコボコの目立つ箇所に大きなかかとを突き刺した。


ドブドブメリィ!!!!!!


ソースケ 「か    っ    ほぅ」


そしてフィニッシュとばかりにイッキの体を拳に埋めたまま、出入り口の扉に叩きつけ串刺しにした。


ドッヴォオオオ!!!!


イッキ 「うぶううううううううううううううう」


胃液をまき散らすイッキ。イッキの体は地面に足が付かない場所に貼り付けにされた。上半身をダランとさせ、男の拳のみで宙に支えられているイッキ。


男は依然めり込みを解除せず、イッキを貼り付けにしたまま拳をひねったり、えぐったり、めり込ませたり、イッキの腹筋を弄んでいる。


イッキ 「ご ほ ぅぅ ぁ げ ぼ ぁ ぅぅ」


男は30分以上それを続けたあと、イッキを解放した。


腹を地味に抉られ続け前のめりに倒れているイッキ。


腹を殴られ続けホースに腕を絡ませ壁にもたれているユキヲ。


腹をいたぶられ、床に仰向けに寝ているソースケ。


シャワー室には若いスイマー体系の3人の青年の無残な姿が残されていた。




ガチャガチャ


唯一の出入り口の扉が開く音。


タイシ 「おい!イッキ、ユキヲ、ソースケ、おせえぞ!!早くしろ!!」


シャワー室の扉を開けたのはソースケたちと同じシフトのジムコーナー担当の青年だった。(完)


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第35話 スイマー 1

 【28//2013】

ソースケ 「げヴぉお がはあ うええ」


レスラーがロープ際の仲間に助けを求めるかのごとくダメージを受けた腹をかばいながら這う、スイマー体系の男 夏目ソースケ(なつめそうすけ)。


スポーツジムのプール担当の従業員でこの日は彼の最悪な一日と化していた。客の中に危険人物が紛れていたのだ。


だるま腹の見るからにスポーツジムには相応しくない男。ソースケは男を取り押さえようとしたが、体系に似合わず男が格闘に長けており、男より一回り若いスポーツ万能で、水泳で鍛えたソースケはあっという間に返り討ちに遭い、再三、ボコボコに割れた水泳腹筋に拳骨をめり込まされ。現在に至っている。


ソースケに馬乗りだっただるま男はソースケを解放し、自由にした。ソースケはそこから一番近い扉へ逃げようとする。すでに閉店時間を越え施設にはだるま腹の被害を受けた一人の青年客とわずかな従業員しか残っていない。


ガチャッ


ソースケが開けた扉はシャワー室の扉。中にはソースケの同僚の青年二人が競パン姿で仕事の汗を流していた。


中にいた二人は 福沢ユキヲ と 樋口イッキ 二人ともソースケ同様、スイマー体系の大きな胸に引き締まったウエスト、ボコボコの腹筋を兼ね備えている。


ソースケ 「ユキヲ…イッキ… た…たすけて… お…男が…」


ユキヲ 「はあ?ふざけてんのか?」


色白のソースケに反して焼けた肌のユキヲが当然ながら間の抜けた答えを返す。


イッキ 「ソースケ おま だ…だいじょうぶか?」


短髪で快活な青年風のイッキがソースケの異変に気付く。


ユキヲ 「マジか」


ソースケは苦しみながらことの顛末を簡単に二人に伝えた。


ガチャッ


二人がことの重大さを知ったとき、入り口の扉が再び開いた。入ってきたのは先ほどソースケの腹をいたぶっていた暴漢(おとこ)。


ユキヲ 「てめえ!!こんなことしてただで済むと思うなよ!通報してやるからな!」


威勢だけはいいユキヲだったがそこはただのシャワー室。助けを乞う手だてはない。


イッキ 「ユキヲ!気を付けろ!」


男 「獲物が2人も増えたぜ…お前たち二人もこいつみたいに遊んでやるぜ…」


男は不気味な容貌、不気味な声、不気味な表情で、不気味なセリフを吐いた。


ユキヲ 「変態野郎!!かかってきやがれ! こっちは男3人だ、てめえみてえなデブ野郎に勝てるわけねえだろ!!!」


男はユキヲの言葉を聞いた後、目に前に転がっているソースケの腕を軽々と掴み上げた。その不審な行動に躊躇し、男の行動をただ見ているだけの青年二人。


そしてソースケの腕を掴んでいるのとは逆の腕を、下方から放りソースケの再三に渡りボコボコにいたぶられた腹筋に拳をめり込ませた。


ドヴウウウウウ!!


ソースケ 「かっほううぅぅぅ…」


口を尖らせ、唾液を垂らし目を見開くソースケ。男はドスドスドスと重い拳を何度もソースケの腹に入れる。


ソースケ 「げぼおおお…」


ソースケは男に寄りかかり、腹を男の拳にあずけ殴られ続ける。


男 「さっき三人って言ったが 二人の間違いじゃないか?」


ユキヲ 「くそ野郎!! ソースケをなぐんじゃねえ!!」


怒りに任せソースケを抱え隙を見せている男に突進するユキヲ。男の顔面に殴りかかろうとする。



ドヴォオオオオオ!!!!



ユキヲ 「かは  あ  あ  あ  が  あ  ぁ  ぁ …」



勢いで大ぶりのパンチを放とうとしたユキヲの腹に、先ほどまでソースケに向けられていた男のゴツい拳がカウンターの要領で、ユキヲの腹筋に埋め込まれた。


ユキヲ 「うっぶうう…ごぼ」


ユキヲの腹は男の拳を包み込み、体をくの字に折り曲げている。インパクトの瞬間はユキヲの体は完全に宙に浮いていた。


男は朦朧としているソースケの体躯を床に捨て、ユキヲ一人にターゲットを絞った。そして男は腹のダメージで苦しんでいるユキヲの肩を掴むとシャワー室の壁に押し当てた。


ユキヲ 「ごふっ」


軽く頭を打ち意識が飛ぶユキヲ。男はその無抵抗のユキヲの腕を一本のシャワーのホースにくくり付け、腕をあげ、片手の自由を奪った。ユキヲのもう片方の腕を男は自分の腕で抑え込むと、シャワーをもう一本手にとり、シルバーの堅いヘッドの部分を掴んだ。


そしてわずかにカーブを描くデザインのシャワーヘッドをユキヲの鳩尾に向け、殴り入れた。



ドボオ!ズブム!



ユキヲ 「ぐえええええ ごぼふ」



堅い凶器と化したシャワーヘッドがユキヲの鳩尾の筋肉に埋め込まれ、ユキヲは苦悶の表情を男へかざす。


ユキヲ 「くそ…や…ろう…」



ドボオ!グブム!



ユキヲ 「ごええ うぶううう  かは かは」



ユキヲは首を横に振り、悶絶する。男はそれを何度も繰り返す。


イッキ (あの図体で、あの力…しかも早い…この隙に助けをよぶべきか…)


ドボオオオ!!


ユキヲ 「うぼおお ぐへ はあ はあ」


イッキ (でも…そんなことしてたらユキヲが殺されるかも知れない…)


ズッブウウウ!!!


ユキヲ 「  げ!   ぼ! 」


イッキ (オレ一人であいつに勝てるわけがない…だったらユキヲがまだ耐えてるうちに、あいつを…)


グブ!!!!


ユキヲ 「     ごっぼ!!!!   」


ユキヲの殴られ慣れていないボコボコのスイマーの腹筋は見た目ほど強靭でなく、弾力のある腹筋はユキヲが力を最大限に込めていても、シャワーヘッドがグザグザと筋肉をこじ開け、めり込んだ。


ユキヲの意識が遠くなりかけている。


イッキは意を決して男の背後へ飛び込んだ。


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】空手、腹打ち鍛錬

 【28//2013】



Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第34話 勇者

 【27//2013】

ここは水の都シャイロ周辺のフィールド。



スライムの攻撃



ドボ!!!!! HP-25/75



スライムは全身で勇者の腹に弾丸のようにタックルをした。



エンリーク 「ぐほおぉぉ! いてえ! 吐きそう…」



エンリークの攻撃



エンリーク 「畜生!!!!!おりゃおりゃおりゃおりゃおりゃーーー!!」



勇者は怒りに身を任せスライムをめちゃくちゃ踏んずけた。



ピロピロリーン。 珍妙な音とともにスライムは消滅、そして空中からお金が降ってきた。



勇者は 12ディム と 薬草 を手に入れた



エンリーク 「よっしゃ!12ディム!これで20ディム溜まった!これで宿へ帰って飯にありつけるぜ!」



勇者エンリークは町に戻らず北の洞窟方面へ向かった



エンリーク 「へ? 帰れねえ 足が…町とは反対のダンジョンへ…おい!町に帰らせろ!素人か!そっちはレベル1じゃあ敵に勝てねえんだよ!て言うか町で回復とアイテム補給が先だっつーの!」



勇者は独り言を言いながら、さきほど獲得した薬草を生のまま頬張った。



エンリーク 「うえええええ まじいいいいい ぺっぺっ」



勇者はHP25回復した



エンリーク  「つーかオレの名前エンリークって何だよ、もっとジルバートとかアルベルトとかエンリケとかカイトとか、かっこいい名前あんだろ、それにこの装備も何だよ、革の鎧って腹丸出しじゃねえか!!これで防具って言えんのか!?いやその前に武器買えよ!城の大臣も『我が城に伝わる宝刀を持っていきなされ』って言ってただろ!何で持ってかねえだんだよ!」



エンリークはさらに独り言を続けている。



エンリーク  「お!? じいさんが一人歩いているぞ ちょっと話かけてみるか…にしてもじいさん同じところをぐるぐる回ってるな…大丈夫か?」



老人 「おお旅の者、戦闘で負傷したときは薬草を食べなされ」



エンリーク 「へ? それだけ… な、なあじいさん…」



老人 「おお旅の者、戦闘で負傷したときは薬草を食べなされ」



エンリーク 「いやいやいや、それさっき聞いたし、何かもっと重要な情報は…おい!じいさん!」



老人 「おお旅の……何度も!!同じこと言わせるじゃなーい!!クソガキがああ!!」



ドヴォオオオ!!!! HP-25



老人のボディブローが勇者の腹に突き刺さった



エンリーク 「ぐっぼおお な…な…んで…げほおお…し…しかも腹ばっか…」



老人は怒ってどこかへ歩いて行った。



エンリーク 「いてええ 腹いてええ 腹へったー…」



勇者は腹に手を添えふらふらと歩いていると突然ドゥードゥードゥーと珍妙な音が鳴った。



モンスター 「テンタクルスゾンビ 1体」 があらわれた



エンリーク 「げげえ!なんだコイツ!今まで見たことねえ!!やべえよ!だからレベル1でくるんじゃねえって言っただろ!」



エンリークの目の前にはピンク色の肉体を持つみるからに強暴そうなモンスターがいる。



テンタクルスゾンビ 「ウガー」



エンリーク 「びびった……でも、コイツ頭弱そうだな、全速力で走ったら逃げれるんじゃね?」



テンタクルスゾンビの先制攻撃 「触手」



エンリーク 「マジで?」



テンタクルスゾンビの体から無数の触手がニョロニョロと飛出し、エンリークの体を這い回り、エンリークを絡めとった。



エンリークは麻痺している。テンタクルスゾンビの攻撃



エンリーク 「くっそーーー身動きとれねーー! いくら触手とは言え順番に攻撃し合うのがセオリーだろおお!!」



テンタクルスゾンビ 「ウガー?」



テンタクルスゾンビはその言葉を理解できず触手に巻きつかれているエンリークに近づくと、触手を上手に操作しエンリークの両腕を縛り上げ、バンザイの状態にした。


そして防具も身に着けていないエンリークのがら空きの腹筋に筋肉の塊のような左拳を凄まじい威力でこじ入れた。


IMGgut9.gif


ドボ!! HP-550



エンリーク 「がはっっっっっ!!!げぼおおおおおお!!!」



拳はエンリークの腹に深々とめり込み、その腹はずっぽりと凹み、エンリークは唾液をまき散らした。



エンリーク 「おうええ  がっは  ごぼ…」



テンタクルスゾンビは拳を抜くことも忘れ、目の前の人間の苦悶の表情をいぶかしげに眺めている。



エンリーク 「て…手を…抜け…こぽ…ぅぅぅ…ぅぅぅ…ぅぅ…ぅ」



ドヴォオ!!!



エンリーク 「ごっぼおおお うぶううう…」



テンタクルスゾンビは何度も腹殴りを繰り返したあとエンリークの腹に拳を突き刺したまま口から新たな触手をだした。その先端はイソギンチャクのようになっていてまるで舌の集合体。


エンリークはすでに虫の息。


テンタクルスゾンビはその舌をエンリークの口へ入れようとニュルニュルとその触手を伸ばす。


雌雄同体のテンタクルスゾンビにとってそれは単なる愛情表現だった。




5分後エンリークは教会で目を覚ました。



エンリーク  「最悪!」



(完)

Category: 腹責め小説/腹責め絵

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】細マッチョくん腹筋の弾力

 【26//2013】



これが腹責めなら…

Category: 腹責め動画

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第33話 柔道部と不良 2

 【26//2013】

南渡河高校(なんとかこうこう)不良の2トップ、姉崎優斗と妹尾瑞樹(せのおみずき)は柔道部の一年に因縁を付け部員十数名をボコボコにした。


それに激昂した柔道部部長の大島は姉崎を呼び出し制裁を加えることに成功。


次は姉崎の相方、妹尾瑞樹の番だ。いつも二人一緒にツルんでいる姉崎と妹尾、しかし姉崎は昨今の制裁でしばらく学校に顔を出していない。相方を無くし一人の妹尾、これはチャンスだ。


大島は瑞樹に声を掛けた。


大島「妹尾、話がある、ちょっと来いや」


瑞樹「大島ぁ、てめえか、姉崎やったのは」


ゴツい柔道部部長の大島に全くひるむことなく瑞樹は聞いた。瑞樹は不良にしては童顔で、身長も姉崎よりかなり低い、しかし姉崎より学校で恐れられているのは瑞樹のほうだった。


大島「あぁぁ? だったらどうした? 部員を可愛がってくれたお礼だよ」


瑞樹「だったら今度はオレが おめえをぶっとばす」


願ったり叶ったりと大島は瑞樹を人のいない柔道部部室があるプレハブ前に連れてった。


部室前には柔道部一の巨体を誇る最巨頑駄(さいこがんだ)が上裸で突っ立っていた。


妹尾「なんだこいつ? タイマンじゃねえのか」


大島「タイマン?なんのことだ、これから始まるのは仕置きだ、最巨、やれ」


言われたままに最巨は瑞樹の前に迫り、構える。やれやれとそれに応え瑞樹も喧嘩で慣らしたファイティングポーズをとる。


最巨「せい!」


気合を入れ最巨は瑞樹の制服の襟を掴もうとする、が、瑞樹はそれを俊敏に交わす、そして脇腹、鳩尾、太もも、側頭部、眉間、隙のできた最巨の体のパーツに次々に素早いパンチ、蹴りを入れる。


最巨はパワーだけでまったくのウドの大木だった。


大島「バカヤロウ!」


業を煮やし、大島は隙を見て後方から瑞樹を羽交い絞めにした。


瑞樹「ようやく二対一か、おもしれえ!」


羽交い絞めにされても瑞樹はなお余裕だ。


大島「最巨、コイツの腹に拳入れろ!」


最巨「ウ…ウス!」


ドヴォ! ドスぅ!


瑞樹「 う!  かっ! いてえ、いてえ」


最巨の重い拳は瑞樹の腹に突き刺さるが瑞樹は少し呻く程度でまだ余裕のようだ。


最巨「大島さん、コイツほせえのに、腹、すげえボコボコだよ、それにあんまり効いてねえみてえだし、でも…あのボコボコした感触、オレこいつの腹、潰したいッス」


大島「わあった じゃ作戦Bだ 部室ださっき話した通り…」


二人は瑞樹に抵抗されないようがっしり掴み部室へ引きずり入れた。鍵を閉め…


瑞樹の制服を引っ剥がしボクサーパンツだけの姿にし、天井から垂れ下がっている鉄鎖に瑞樹の両腕を繋ぎとめた。瑞樹にとってこれは少し屈辱的。しかし逆に、先ほど最巨が言っていたボコボコの腹筋が露わになり、それを見た最巨は、生唾を飲み込んだ。


最巨「俺に言わせりゃ華奢だが、そのボコボコの腹、潰させてくれ!」


瑞樹「気色わりいこと言ってねえでこの鎖、外せ!」


最巨は瑞樹の前まで行き、これから制裁を受けるであろう瑞樹の腹筋を優しくさすると、右手に持った物を瑞樹の腹前に持ってきた。


先端に鉄球が付いた太い棒


最巨は瑞樹の腹の中央に狙いを定め、その鉄棒を振りかぶろうとする。


瑞樹「ま、待て!おい、やめ 待て待て待て…」




ズドン!ズボ!


IMGgut8.gif


瑞樹「ううううううううぅぅぅ!!!!!!」


瑞樹「げええヴぉおお  ごはあああ  うえええええ  こほこほ  はぁ腹がぁ!」


鉄棒の鉄球部分はその勢いと力で瑞樹の腹筋にずっぽりと埋まった。最巨の拳を余裕で耐えた瑞樹の腹、しかしこの鉄球の前ではまるで意味がない、鉄球は一瞬で瑞樹の腹筋の壁をぶち壊し奥へ奥へめり込んだ。


最巨が鉄球を瑞樹の腹から抜き取ると、瑞樹は肩と頭をガクンと下げた。


瑞樹「うええええ げほげほげほ…ぅ…ぅ…」


下を向き呻いている瑞樹のアゴを掴み上げ最巨は再び鉄棒を振りかぶる。


瑞樹「やめ…ろ 待て…もうそれは…勘弁…してくれ…」


ドズン!!ズブウ!!


瑞樹「ぶふううううおおおお   うぐ うぐ おぐ  が  は」




何発目かにして解放された瑞樹はその場で崩れ落ち、一人残され、腹を抱え一晩中うずくまっていた。(完)



Category: 腹責め小説/腹責め絵

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第32話 柔道部と不良 1

 【26//2013】

柔道部部長の大島に姉崎優斗(あねざきゆうと)は自宅に呼ばれた。


大島の部屋に通されるとそこには数名の柔道部員たちがおり、部屋に入ってきた優斗を一斉に睨みつけた。その部員たちの顔には痛々しい痣が無数にある。


大島「姉崎、てめえ俺んとこの可愛い部員たちを妹尾(せのお)とツルんで甚振ってくれたらしいじゃねえか…」


優斗「一人かと思ったらお仲間が一緒かよ、柔道部部長が呆れるぜ」


大島「っるせえ! 落とし前ちゃんと付けてもらうから な!!」


大島が他の部員たちに合図を送ると二人の部員が優斗両肩をがっちり押さえた。そして雑に優斗の制服のワイシャツを剥がす。


優斗の筋張った上半身が現れる。


大島「顔はやめてやる 柔道部部長が喧嘩はないからな…」


優斗「てめえ、こんな卑怯な手段使って、学校にバレんのが恐いのかよ」


余裕の表情で優斗が言う。


「だ!ま!れ!」そう言って大島は優斗の腹に一発目を入れる。


ドボオオ!!


優斗「ぐうヴぉお こっほ  …効かねえよ そんなブロウ」


優斗は口に溜まった唾を大島の制服に吐きつけた。


大島「てんめえ 余裕なのも今のうちだぜ  フン!」


ズドン!!




ドヴ!!




ボド!!


優斗「はが  ぼヴ  ぶぐ  げほ」


前かがみになりながら唾液を口から垂らす優斗。


大島「こいつを寝かせろ」


優斗の両腕を掴んでいる部員二人に大島が支持を出すと二人は優斗の腕を掴んだままベッドの上に寝かせた。


呼吸を整えようと腹を上下させ苦痛に顔を歪ませ息を繰り返す優斗。


大島「ざまあねえな お前のそんなに歪んだ顔が見れてせいせいする もっと顔を歪ませろ!! おらああ!」


ドボ!


気合を入れると大島は優斗の腹に踵に体重を込めた足を突き刺した。優斗の腹がぼっこり凹む。大島の足はくるぶしまでめり込みそうだ。


IMGgut7a.gif


優斗「ウヴォ!!   ごっはああおえ」



優斗の膨らんだ口から唾液が盛大に飛び散る。


大島「お前が泣いて謝るまでこれを続ける…」


ドズン!!




ズボム!!




ズボ!!


優斗「ごっぼおお  こっぽ がはああ うっぶ  げっぼ」




10分後



ドボ!!!!


ズッボ!!!


ドヴォン!!!


ボズ!!!




優斗「かっは  おええ  うぼ  がは ぁ   ぅ  ぅ  ぅっぶ」


優斗の胸には自分の唾液が散乱している。


ドッッッッヴォーー!!!!

優斗「!!!!!!      かっほ くふぅ…  ゆ…ゆるして くだ… さ……い…」



その言葉を聞いた大島は再びゴツい足を優斗の腹の上に持っていき優斗の腹に影を落とした。(完)


Category: 腹責め小説/腹責め絵

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【画像】はい、食い込んだ

 【26//2013】

814710a9gw1dszgwyz2jjj.jpg

ずっぷぅ


814710a9gw1dszgwr80x1j.jpg

これやってみたい


Category: 腹責め画像

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】中国gut bashing2

 【21//2013】



Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】プライベートなボディ責め

 【16//2013】




スーパーボディに何度も拳を叩き込む

Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】白人少年レスリング

 【16//2013】




がら空きの腹に一撃、怒涛の責め

Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】体格差と2対1萌え

 【14//2013】



腹責めは少ないですが体格差と2on1でアジア系ガイがいたぶられる

Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】腹の責め合いレスリング

 【14//2013】



腹責めには腹責めを


Category: 腹責め動画

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】アジア系

 【05//2013】



Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】アニメ腹責め

 【05//2013】




Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【動画】アジア系ストリートファイト

 【05//2013】



トドメは腹

Category: 腹責め動画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

【画像】腹狙い

 【05//2013】

23-3-19.gif

身動きの取れない腹筋にターゲットを絞り…

Category: 腹責め画像

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

INDIES 15 -腹筋- [DVD]
INDIES 15 -腹筋- [DVD]
KOカンパニー/INDIES 2013-02-16
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

半裸男子半裸男子
. 桃色男子研究会

徳間書店 2009-12-22
売り上げランキング : 50407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハンラ男子2 [DVD]ハンラ男子2 [DVD]
イメージ

イーネット・フロンティア 2011-11-23
売り上げランキング : 4420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

腹筋☆男子―MEN’S“FUKKIN”SUPER TRAINI (B・B MOOK 824 スポーツシリーズ NO. 694)
腹筋☆男子―MEN’S“FUKKIN”SUPER TRAINI (B・B MOOK 824 スポーツシリーズ NO. 694)比嘉一雄 竹並恵里

ベースボール・マガジン社 2012-07-02
売り上げランキング : 13302


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

佐川男子
佐川男子飛鳥新社編集部

飛鳥新社 2012-08-11
売り上げランキング : 91


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

妄撮男子
妄撮男子Tommy

講談社 2012-03-10
売り上げランキング : 19145


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポケスリムEMS 男女兼用
ポケスリムEMS 男女兼用
ポケスリム
売り上げランキング : 24


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

細マッチョ肉体改造法 チャンピオンを作った短時間の頭脳派メソッド
細マッチョ肉体改造法 チャンピオンを作った短時間の頭脳派メソッド古家 政吉

講談社 2011-10-21
売り上げランキング : 25196


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自宅でバーベルを使って細マッチョになる筋トレ法入門編 [DVD]
自宅でバーベルを使って細マッチョになる筋トレ法入門編 [DVD]
ROOT出版 2010-11-01
売り上げランキング : 120784


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BB-SPORTS BODYMAKER メディシンボール MBG25 5kg
BB-SPORTS BODYMAKER メディシンボール MBG25 5kg
ボディメーカー(BODYMAKER)
売り上げランキング : 161


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボクシンググローブ 10オンス スパーリング ボクササイズ 左右セット レッド
ボクシンググローブ 10オンス スパーリング ボクササイズ 左右セット レッド
イトセ
売り上げランキング : 5981


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山本裕典 カレンダー2013年山本裕典 カレンダー2013年

エンスカイ 2012-10-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。