FC2ブログ
2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:腹責め小説 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

第45話 肝試し 5

 【02//2013】

「 はあ はあ はあ 」 「 ぅぅぅ 」


醍五は呻き声が聞こえてくる場所にようやくたどり着こうとしていた。しかし醍五が近づくころにはその声も弱くなっていた。


醍五ももしものときに備え、懐中電灯を武器のように構え身構える。空手有段者の醍五は格闘にもそれなりに自身があった。


醍五 「お… おい! 一矢! 恭二! 返事をしろ! そ…そこにいるんだろ…オレを恐がらそうと思ってるんなら無駄だ…!」


すると突然周囲の灯りが付いた。


醍五 「!!!!!!! なっ!」


醍五がたどり着いた通路の奥は思った以上に広い空間だった。そしてボロボロの病院の地下の壁、そこには手かせを両腕に付けられた男たちの姿があった…。


醍五 「これは 一体!!?? ど! え! な! なんで…」


その男たちの中に醍五は、一矢、恭二、三斗士の姿を確認した。


醍五 「一矢! 恭二! 三斗士! 平気か!? し…四竜!やべえ、ここは…」


醍五が振り向いた先には四竜の姿は無かった。その変わりレスラーのハイレグのような黒いスパッツを着た毛むくじゃらの男がおり、醍五を見てニヤニヤと笑っていた。そしてその足元には四竜と思われるワイシャツを引き裂かれた無残な男が転がっていた。


醍五 「!!!!!!!    おま…」


醍五が驚愕し口を開いた瞬間、熊のような男は持っていた鉄パイプで醍五の側頭部を殴りつけた。


ギン!!


鈍い金属音、そして醍五の体はドサっと倒れた。












30分後…。午前3時45分。


醍五 「んんんううう」


業腹 「やっと目が覚めたか、お前が最後の参加者だ…これで待ちに待ったゲームが開始できる」


醍五 「ううぅぅ さ…参加者…??」


業腹 「そうさ、ゲームの参加者。これから始まる腹責めバトルロワイヤルのな」


醍五 「は…はらせめ?? おまえ…なに言ってやがる…こ…これは夢…か??」


業腹 「俺は業腹拳、今日はこのバトルロワイヤルの主催者ってとこだ、お前ら5人は自ら率先してこのゲームに参加した訳だ。お前以外の参加者にはルールはもう説明してある、あとはお前だけだ。みんな了承してくれたよ…」


業腹は四方の壁に取り付けられている手かせを付けられている男たちを見まわしながら言った。


腹に痣を作り頭を垂れぐったりしている者。

体には痛々しい傷が残るが闘志むき出しにそのときを今か今かと待っている者。

無表情に待っている者。


様々な男たちがいる。ただ多くの男たちは上半身裸、またはワイシャツやTシャツがボロボロにされ、腹がむき出しになっているというのは一致している。


醍五もまたその手かせに嵌められた男たちの一人。醍五の両サイドには同じ大学の一矢、恭二、三斗士、四竜が繋がれている。


醍五 「み…みんな大丈夫か…?」


恭二 「ぅぅぅ な なん…とか」


醍五 「一矢、おい、大丈夫か?」


一矢 「………話しかけんな…」


業腹 「オイ!お前私語してんじゃねええ!!」



ドヴォヴォオオ!!!



醍五 「ぐぼおおおおおこっほおうえ」


業腹の放った拳が醍五の空手仕込みの腹筋に深々と突き刺さった。手かせが無残に揺れる。


業腹 「おお、そうだったお前だけダメージが浅いな、お前の腹をもっといたぶってからゲームを始める。」


そして業腹は手かせに繋がれ無防備に腹筋を晒す醍五の腹を殴る。



ズムウウウウウウウ!!!




ドッゴボオオオオ!!!




ドシン!! ドシン!! ズッブン!!



醍五 「うぼおお げっほ ごっぼ  こほこほ おうえええ かは」


醍五の口から唾液が飛び散る。腹を殴られ続けている醍五の姿を他の参加者たちは凝視する。


業腹 「おおうううら!!」


ドボオ!!




ドボオ!!




メリイ!!


醍五 「  こっ  ぐおっ  げぼっ 」


業腹 「逆にハンデ付いちまったかな、わりいな小僧、俺がやっちまったら反則だな」


醍五 「        うえ…         」





業腹 「バトルロワイアル!ではこれから皆さんに 腹の責め合い をやってもらいます!!」


つづく


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第44話 肝試し 4

 【02//2013】

廃病院1F 醍五(だいご)と四竜(しろう)


醍五 「三斗士~! 恭二~! もう出てこい!! 肝試しは終わりだー!」


四竜 「………」


二人は元来た通路を戻る。院内には醍五の声が木霊している。


四竜 「いない…な、神隠しなどあり得ないから二人とも帰ったに違いない」


醍五 「……仕方ない、一矢の様子を確かめてオレたちも出よう…さっきは咄嗟に一矢の腹を思い切り突いてしまった、許してくれるか分からないが…」



10分後…地下への階段の前。


醍五 「一矢いねえ、さすがにこんなところにいつまでも一人でいる訳はないが…オレたちとすれ違わなかったということは…、もしかして一人で地下へ行ったのか…?」


四竜 「あり得る…一矢は地下にこだわっていた…何か目的があるのかもしれん」


四竜は依然冷静な面持ちで黒髪のストレートの下のメガネをクイっとあげながら言う。


「ぅぅぅ ぅぅぅ ぅぅぅ」 「ぁぁぁ ぁぁあ」


すると突然地下に続く階段の奥から人の呻き声のようなものが聞こえた。


醍五 (!) 「地下に誰かいるのか!? それとも…ゴースト…?」


四竜 「馬鹿、霊などいないといっただろ、これは生きてる人間の声だ。しかも二人以上…、一矢…、それと三斗士、恭二も俺たちを脅かすため先回りしてたのかも知れない」


醍五 「行ってみよう」


二人は醍五の持つ懐中電灯一つで暗闇の階段を下りて行った。


地下フロアにたどり着くと、そこは一切の闇、一切の光はない。


醍五 「四竜、オレについてこい」


四竜 「うむ」


「   ぁ   ぁぁあぁ 」 「 ぅぅ ぅうう うう ううぅぅ 」


すると通路の奥のほうから先ほどより大きな呻き声が聞こえた。


醍五 「おくのほうだ…いってみるぞ…」


醍五は安全を確認しながら少しづつ奥へ進む。


四竜 (一矢と恭二たちが争ってるのだろうか?もしそれ以上のことならこの状況は危険極まりない、醍五に伝えよう)


少し暗闇に慣れた目で四竜が醍五の肩を叩こうとしたとき、四竜は突然背後から襲われた。口に布を当てられ、羽交い絞めにされ、ずるずると後ろへ引きずられた。


醍五はそんな四竜の危機を知る由もなく前へ歩を進めている。







醍五と離れた場所で何者かに布を口に押し付けられた四竜の体からは徐々に力が抜け、壁に背をつけ、ずるずると床に向かって落ちる。


完全に四竜の背中が床に接したところで、その何者かは四竜の来ている白いワイシャツのボタンを盛大に弾き飛ばし、四竜の腹を露出した。


細い黒ぶちメガネのインテリ系の四竜に似つかわしくないボコボコの六つに割れた腹筋が露出する。四竜は余った力で何者かに向け無意味に両手を伸ばすがその手を何者かは掴んで答える。そして



ドヴゥ!



四竜 「   こ       ほ    」



四竜の両手を掴んでいた何者かはがら空きの腹筋に膝を落とし、めり込ませた。四竜の腹は膝に形に合わせどっぷりと陥没してる。意識の遠のく四竜は呻く声も弱い。


ドッぼ!!




ぼむ!!




ぐぼ!!




ずうむう!


四竜 「  ぅ!  ぅ!  ぅふ!  あぐ  」


四竜の腹に何者かは膝を立ててはそれをまた落としめり込まし、立てては埋め込み、これを十数回続けた。四竜の頬には一筋の唾液が垂れている。


四竜はすでにうめき声もあげなくなり、膝が腹に落とされる度、体だけをビクンと振動させている。


何者か 「わりいな、それじゃお前も参加者の仲間入りだ、業腹さんのもとへ連れてくぞ…その前に」


そう言って何者かは最後に四竜のすでにボコボコに制裁を受けた腹に両足の体重を込めたフットスタンプを見舞った。



ドッッッッッヴォ!!



四竜 「      こっほ        」



そして何者かは意識のほとんどない四竜のシャツの首元を掴みずるずると引きずり廃病院の地下通路の奥へ消えて行った。


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第43話 肝試し 3

 【01//2013】

廃病院1F    15分後…。


一矢 「醍五…おせえぞ」


醍五 「すまん、三斗士見つからなかった」


四竜 「恭二も遅いな」


一矢 「恭二はいつもマイペースで俺らといてもすぐに単独行動だからな、三斗士を見つけ、二人で帰ったか?だとしたら許せねえ」


四竜 「二人で手を組んでオレたちを驚かすつもりとか」


あの二人ならやりかねない、そんな空気が一同に広がった。


一矢 「ありうるな もし突然、あいつらが出てきたら返り討ちだ」


醍五 「……」


四竜 「……」



さらに15分後…。



一矢 「じゃあ裏切りものはほっといて、俺たち3人だけで地下にいくぞ、いいな、醍五、四竜」


醍五 「な、なあ一矢、もし二人に何かあったとしたら…もう肝試しなんてガキみたいなことやめようぜ、まずはみんなで二人を探そう」


醍五の正義感は一矢のそれよりも格段に上質。


一矢 「おまえ真っ暗な地下に行くのが恐くてそんなこと言ってんじゃねーのか? それにお前俺をガキだと思ってるのか?」


醍五 「い、いやそんなつもりじゃ…」


一矢 「三流大学で空手なんかやってるくせに肝が小せえなあ醍五ぉ、おまえみてえな真面目でつまんねーやつを俺らのグループに入れてやった恩を忘れたか?」


醍五の堪忍袋の緒もここで切れた。



ズボオオ!!!



一矢 「ごっぼおおおおうええぇ」



醍五の正拳突きが一矢の鳩尾に突き刺さった。


一矢 「おえええええ がはがは おええ て、てっめ」


一矢は片手を腹にあてがい、片手で醍五のTシャツ必死に掴み、苦しむ。


醍五 (やべ 怒りで反射的に突いてしまった)「し、四竜、こんなやつ置いて、二人を探しに行こう」


四竜 「………」


そう言って醍五は恭二が向かった方向へ歩き出した。返事はしなかったが四竜も醍五のあとを追った。腹を押さえ苦しむ一矢を残して。


一矢 「ごっほ うええええ うえええええ うええええ」


四つん這いになり呻く一矢。そんな一矢の真後ろに突然影が現れた。大男の形をした影は四つん這いの一矢の腹を抱きかかえると、一矢をかろうじて立たせた。


そして後ろから抱きかかえたまま一矢の腹の前で両の拳の指をがっちりクロスさせると、そのまま一矢の腹筋めがけ、クロスした拳を引き込んだ。


ドフ!!


一矢 「ごっほ うえええええ うえええ」


ズンム!!


一矢 「うええええ こっほ 離せうえええ」


ドメリ!!


一矢 「うううううううううううえええ  だ…れ… 」


一矢の胃液は絞り出され、トロトロと地面にしたたる。


影 「おまえ威勢が良い割には、腹、めちゃめちゃ弱いな…」


そう言い終わると影は一矢のTシャツの中に後ろから手を入れ、一矢の腹筋に直に触れる。


影 「おまえ、腹弱い割には、腹ボコボコに鍛えてんじゃねえか」


影は一矢の腹筋のボコボコを万遍なく確かめると、両手の指を立て、乱暴に鷲掴みにした。



ズボズボズボ グサグサグサ グリグリグリ



一矢 「おうっ   うえ  がは  あ  あ  あ  ぅぇ」



影の指はパンをこねるように、一矢の腹筋のパックを絞り上げ、潰し上げ、こねくり回す。


一矢の体はだんだんと力が抜け、影に抱えられている腹以外は前にダランと垂れ下がり、ベランダに干された布団のようになっている。その口元からは続々と唾液が流れる。


一矢 「も…う 腹は…やめ…て…く」


一矢が何かを朦朧とした口調で言いかけている途中、影は今まで以上の強大な力で、両手の指を一矢の縦の腹筋の割れ目に差し込み。ググッググググッググっと割れ目を引き裂くかのごとく、一矢の腹の奥へ奥へめり込ませた。



ズズズズズズズズズムッ!!



一矢 「は…腹は…   こっ   ほうおおおおおおおおおえええええ」



最後の一撃で意識を失いかけている一矢を影は担ぐと廃病院の闇へ消えて行った。



Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第42話 肝試し 2

 【01//2013】

廃病院1F。


醍五 「おい、一矢、三斗士さがそうぜ…」


一矢 「そのへんにいんだろ、それかこれが神隠しだったら探しても無駄だ、俺たちは地下へいくぞ」


一矢以外の3人は黙り込む。


醍五 「一矢、おまえリーダーぶってなんでもかんでも仕切んじゃねえよ、地下に行きたいのは分かるが、まずは三斗士を探してからだ」


恭二 「オレもそのほうが良いと思うけど、たぶんすぐ近くにいるはずだから、オレちょっと見てくるわ」


醍五 「オレも手分けして近く探す」


そして恭二と醍五の二人は別々にその場から立ち去った。


一矢 「くそが、どいつもこいつも、おじけずきやがって」


四竜 「………」


一見仲の良さそうな五人、しかし仕切ってなんでも決定するのはいつも一矢。四人は裏では一矢への不満が溜まっていた…。








恭二の行動


恭二 「おーい、三斗士、早くしろー、威張り屋の一矢くんがお待ちだぞー」


恭二は懐中電灯一つで闇に包まれた来た道を引き返す。


全体的に体の色素が薄く、美白の肌の持ち主で、鼻筋の通った、直毛の茶髪の男前、恭二。彼のモテ度はハンパなく、どこへ行っても顔やスタイルを褒められる、そんな褒められ人生が彼にいつでも自身と余裕をもたらす。


恭二 (四竜も言ってたけど、オレも正直、幽霊とか全然信じてないんだよね、もう肝試し飽きたわ~)


恭二はお気に入りのタバコの銘柄をシャツの胸ポケットから取り出すと、一本くわえ、ライターを探した。


恭二 (あれ?ライターねえ…確かここに…)


シュポっ  突然、恭二の横顔にライターの火がともる。


恭二 「おう、サンキュ」


ライターを差し出した手が引っ込む。


恭二 「……って、おまえ誰だ?」


言いながら恭二はライターの差し出し主を確認するため振り返った。



ドヴォ!



恭二 「ご ふぉ …うえ」


タバコが恭二の口から落ちる。


恭二が振り返った瞬間に暗闇でその容貌までは確認できないが大きな男の影が、恭二の腹に拳を潜り込ませていた。


影は恭二の腹に拳を潜り込ませたまま、逆の手で前のめりの恭二のサラサラの髪を撫でると、その手を今度は恭二の肩らへんにもっていき、腹に埋まっている拳を引き抜くと、再び、何度も重いパンチを恭二の腹に入れる。



ドブ! ドボ! ドス! ドゴ! ボボ! ボフ!


恭二 「う!? ゲほ   あ   あ   あ   あぁ… たす…け…て」


恭二の両腕は途中から力なくダランと垂れ下がっていた。


30発は撃ち込まれただろうか、影による腹責めが一旦終了すると、恭二は前のめりに倒れかかる。


影 「おっと…寝るのはまだ早いぞ、もう少しだけ楽しませろ…」


そう言うと影は恭二が倒れないようにがしっと掴むと、柱に恭二の背中を押し当てた。そしてボタンシャツの下に着ているVネックのシャツを鳩尾の上までめくり上げた。


美白の白い肌、体まで男前な恭二の割れた腹筋が登場した。


そして影は恭二のタバコ3本に火を点けると、それを恭二の口にくわえさせ、躊躇なく恭二の男前腹筋に連打を浴びせた。



ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴボスウウ




ドムドムドムドムドムドムズムウウウ




ドスドスドスドスドスドスドヴォオオオ



恭二 「うえ!!こほ こほ こほ こほ こほ こ こ こ こ こぽ こぽ こぷ かは かは か か か か か げ げ う う う う あ あ あ ぁぁ ぁ ぁ」


拳が抜かれる前に次の拳が恭二の腹に侵入し、恭二は呼吸もままならず、手足を小刻みに振動させる。口にくわえられたタバコは、腹を殴られるたびに煙をプカプカと出していたが、そのタバコもとうに地面に落ちていた。


腹を短時間で100発近く撲れらた恭二は腹責めが終わると、壁にもたれ、腹を無防備に晒し、放心状態で、目を見開いていた。恭二の腹筋は機能停止、無意味な筋肉の集合と化している。


恭二 「ぁ ぁ ぁ こ  ぽ」


影 「それじゃあ いくか」


影は聞く耳を持たない恭二にそう告げつと、最後に鳩尾の空間に思いっきり拳を埋め込んだ。



ドオオモオオオ!!!



恭二 「   こっ   」



そして男は前のめりに倒れた恭二の腹を肩で担ぎ、廃病院の闇に消えて行った。



Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第41話 肝試し 1 

 【01//2013】

夏も後半。原背女大学(はらせめだいがく)の5人組は地元では有名な廃病院で肝試しを計画した。


リーダー格の 一矢(かずし)

二枚目の 恭二(きょうじ)

三枚目でチャラ男の 三斗士(さとし)

クールでメガネの 四竜(しろう)

スポーツマンの 醍五(だいご)


三斗士 「一矢ぃ、マジでやんのか?」


深夜1時45分。廃病院前。ここまで来て三斗士は弱音を吐く。


一矢 「ふざけんな、てめえ、ここまで来てやめるわけねえだろ」


醍五 「三斗士、びびんな、だせえぞ」


四竜 「そうだ、霊などこの世に存在しない。考えてみろ、死者は今この世に生きている生者の6倍はいるという…しかし、21世紀現在、霊の証拠は一つもない」


四竜は自分の知識をひからかしメガネを中指でクイっとあげた。


一矢 「いいや、ここは本物だ…霊は存在する…、最近も若い男がここで行方不明になったらしい…確か南渡河高校の…」


三斗士 「マジかよぉ~」


恭二 「ではさっそく突入といきましょうか♪」


恭二のあっけらかんとした発言で五人は廃病院へ侵入した。





スプレー缶の落書きだらけの壁、割られた窓ガラスが散乱するフロア、ロビーは車椅子や注射器などもともと病院にあったものが散らばっている。そして五人がそれぞれ持つ懐中電灯の灯りを除いてそこは完全な闇。


醍五 「真っ暗だな」


一矢 「もっと奥へいくぞ」


5人はくっちゃべりながら病院の散策を続け1時間は歩いた。


恭二 「一矢、もうそろそろいいんじゃないか?満喫したし、何も起こらないし…三斗士の限界も近いだろうし…」


一矢 「いいや、まだだ、まだ地下が残ってる、そこを確認してからだ、三斗士も分かったな?」


「…………」


一矢 「おい! 三斗士聞いてんのか!」


「…………」


醍五 「おい三斗士、いねえぞ…」


四竜 「……逃げたか?」


一矢 「それか…これが神隠しかぁ?」


一矢は目を輝かせ言った。






20分前


三斗士 「早く帰りてえな…きょう観たいテレビあんのに…」


ガバッ


三斗士 「んぐ!んぐ!」


突然最後尾を歩いていた三斗士に人影が忍びより、三斗士の口を塞いだ、そのまま影は三斗士の体を持ち上げると足をバタつかせる三斗士とともに通路の闇に消えた。


三斗士 「げほげほ」


集団から離れたところの病室で三斗士は影に壁に投げつけられ、咳き込む。


三斗士 (ゆゆ…ゆゆゆゆーれい…? ちげえ、これは…)


恐怖で動けなくなった三斗士のアゴを影は大きな片手で掴み上げ、壁を背に三斗士を持ち上げる。


三斗士 「げっほげほ…ははは離せ!」


三斗士は自分のアゴをのど輪のように掴んでいる太い腕を必死で掴む。すると自然と腹部は無防備になる。そこへ


ドヴォオ!!!!


三斗士 「げぼおおおお」


薄い腹筋しか持ち合わせていない三斗士の腹は影の拳で歪み、ひしゃげ、唾液をまき散らした。


影 「我慢しろ…」


そう言うと影は三斗士の唾液が飛び散らないよう、のど輪をはずし片手で口を塞ぐ。三斗士の体は床に足がつき、壁にもたれるようになった。


そして男はもう片方の手で、シャツの下に来ている三斗士のTシャツの首元を掴み、思い切り引きちぎった。


日サロで焼いたスジ筋があらわになる。そして影は拳を握り、それを目いっぱい、下に引いた。


三斗士 「んん ん ん ん ん ん」


口を塞がれ声にならない声で三斗士は懇願の眼差しで影に、今から行うことをやめて欲しいと訴えるように首を横に振る。


影 「安心しろ、いま拳をお前の薄い腹に埋めてやる…」


ズッボオオオオオオオ!!!!!!!


三斗士 「んごぼおおおおおおおお おえええ」


影の拳が三斗士の薄い腹筋に埋まり込み完全に拳は沈みこみ、三斗士の口から溢れる唾液が口を塞いでいる影の手の隙間から流れる。


三斗士 「んぐ んぶ ん ぅぅぅ ぅ」


影の拳が引き抜かれると、三斗士は慌てて腹をかばった。そこへ。


ズップウウウウ!!!!


三斗士 「おおおおうえええ げ    ヴぉ…」


まったく不完全な防御、影は三斗士がかばっていたヘソ付近の腹筋を無視し、防御が届いていない、鳩尾に拳を埋め込んでいた。


影は三斗士の口を塞ぐのをやめた。


三斗士 「うぼ うご げぼ ぅぅ ぁ」


しかし腹にはまだ男の拳が三斗士の腹に埋まったまま。三斗士は今まで味わったことのない苦しみから逃れるべく、腹に埋まっている影の拳の手首を両手で掴み、引き抜こうとする。


三斗士 「げっほ うふ」


拳を引き抜く際にもダメージを受ける三斗士。そして拳を完全に自分の腹から引き抜くことに成功した。


三斗士 「がっは はあ はあ ぁ ぁ」


影は激しく呼吸を繰り返す三斗士の肩を抱くと地下へと続く闇へ消えて行った。


Category: 腹責め小説

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

INDIES 15 -腹筋- [DVD]
INDIES 15 -腹筋- [DVD]
KOカンパニー/INDIES 2013-02-16
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

半裸男子半裸男子
. 桃色男子研究会

徳間書店 2009-12-22
売り上げランキング : 50407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハンラ男子2 [DVD]ハンラ男子2 [DVD]
イメージ

イーネット・フロンティア 2011-11-23
売り上げランキング : 4420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

腹筋☆男子―MEN’S“FUKKIN”SUPER TRAINI (B・B MOOK 824 スポーツシリーズ NO. 694)
腹筋☆男子―MEN’S“FUKKIN”SUPER TRAINI (B・B MOOK 824 スポーツシリーズ NO. 694)比嘉一雄 竹並恵里

ベースボール・マガジン社 2012-07-02
売り上げランキング : 13302


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

佐川男子
佐川男子飛鳥新社編集部

飛鳥新社 2012-08-11
売り上げランキング : 91


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

妄撮男子
妄撮男子Tommy

講談社 2012-03-10
売り上げランキング : 19145


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポケスリムEMS 男女兼用
ポケスリムEMS 男女兼用
ポケスリム
売り上げランキング : 24


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

細マッチョ肉体改造法 チャンピオンを作った短時間の頭脳派メソッド
細マッチョ肉体改造法 チャンピオンを作った短時間の頭脳派メソッド古家 政吉

講談社 2011-10-21
売り上げランキング : 25196


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自宅でバーベルを使って細マッチョになる筋トレ法入門編 [DVD]
自宅でバーベルを使って細マッチョになる筋トレ法入門編 [DVD]
ROOT出版 2010-11-01
売り上げランキング : 120784


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BB-SPORTS BODYMAKER メディシンボール MBG25 5kg
BB-SPORTS BODYMAKER メディシンボール MBG25 5kg
ボディメーカー(BODYMAKER)
売り上げランキング : 161


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボクシンググローブ 10オンス スパーリング ボクササイズ 左右セット レッド
ボクシンググローブ 10オンス スパーリング ボクササイズ 左右セット レッド
イトセ
売り上げランキング : 5981


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山本裕典 カレンダー2013年山本裕典 カレンダー2013年

エンスカイ 2012-10-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-
D-tunes -エジキビデオ ゲイ動画配信-









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。